伊江島ダイビング【魚編】: 2009年6月アーカイブ

s-P6300566.jpg

かわゆい。

ライティングもいい感じじゃないでしょうか?

ヤギから逃げないので、比較的写真に撮りやすいと思います。

~~~~~~~~~~~hideペディア抜粋~~~~~~~

ノコギリハギ 幼魚

分布/伊江島 南日本の太平洋岸、八丈島、琉球列島、インド、太平洋

幼魚は、ヤギ類の周りでよく見かける。

写真をとるならば、ぜひライトが必要だ。

バディにお願いして、ライティングを手伝ってもらうとなかなかいい写真になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by 

hide装備↓

オリンパスコンパクトデジ、SプロのLEDライト、sea&seaのビデオライト。

今、めちゃほしいダークバスターなんて代物は、猫に小判、豚に真珠、hideにバスター

というくらい、高い。めちゃ高い。だれか恵んで。棚から牡丹餅。(24w)(スポット)

ダークの社長さん、がんばってモニターしますんで、宣伝しますんで・・・。お願い。

P6280568.JPG

ご注意ください!

ご注意ください!

噛まれますよ~!

~~~~~hideペディア抜粋~~~~~

ゴマモンガラ(ディキナラ~ 島方言)

分布/伊江島いっぱ~い。 だれか釣って。
小笠原諸島、インド、太平洋

サンゴ礁域に生息。礁池や礁斜面など50メートル
以浅に多い大型種。

眼から下方に黒色帯が延びる。

尾鰭後縁が黒い。

歯が強大でサンゴの塊をもちあげたり、貝をかみ砕くこともできる。
(hideの勇気もくだいてしまう。)

ウニをくわえて逆さまにし、棘のないほうから食べる。

繁殖期には砂地にすり鉢状の巣を作り、卵を孵化(ふか)するまで
守る。

この時期の親は、近づくと攻撃してくるのですぐに逃げるべきだ。
(逃げる途中、古フットフィンが脱げるのはhideだけだ。)

噛みつかれて何針も縫った人がいる。
(一目散に逃げましょう。フィンはフル新品フィンを履きましょう。)

焼き魚にすると美味らしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

by 休肝日は3本までと、ゴマモンにはモリ一発でしとめないと病院か?hide

P6270540.JPG

写真はヒオドシベラの幼魚です。

写真写りが悪いですが、きれいな魚だったので思わず撮ってしまいました。

あんまりよくは見かけない魚かと思い、載せてみました。

なにしろ、魚には相当うといもので・・・。笑

こんどみかけたらじっくりねらってみたいなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
分布/南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島、インド・太平洋

岩礁域やサンゴ礁域の20メートル以深に生息し、砂地でも見られる。(hideでもみつけられる。)

単独で行動する、やや稀種。体の斑紋に特徴があるので見分けやすい。

幼魚は長い尾鰭(おびれ)が目立ち、あまり速くはおよがない。(へっぽこカメラではこれが限界か!?)

ドロップオフに生育するヤギ類の周りに見られるが、数は少ない。(おぉ、少ないと言われれば、ちとうれぴ。)

~~~~~~~~~~~~~~~~以上、hideペディアから抜粋~~~~~~~~~~~


by ピンボケテクニシャンhide

このアーカイブについて

このページには、2009年6月以降に書かれたブログ記事のうち伊江島ダイビング【魚編】カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは伊江島ダイビング【魚編】: 2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年8月: 月別アーカイブ

ウェブページ