放置網撤去作業。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
本日は伊江漁協の作業でした。

s-2010-03-18 14.50.48.jpg


これ、なんだかわかりますか?

十数年間、海の中に眠っていた、放置網(モズク網)の残骸です。

今日は、伊江漁協のメンバーで、放置網、ゴーストネットの除去作業をしました。

伊江島に、今、モズク生産者は2業者しかいませんが、昔は、70~80名位生産者がいたそうです。

そのころは鉄筋も、ネットもたくさん海にあったそうです。

その残りが、放置されており、今回除去作業にいたったわけです。

みんなでやれば、すごい量ですね!

hideはもぐって船の上の人に渡す係でした。

※以下勉強になったこと。


今日は、天気も良く、フードは準備していたが、寒くないのでかぶらず船の上におきっぱ。案の定全然寒くない。

乗せてもらった船の船長さんと、息子さん二人の3人は、フードをかぶって作業。

特に気にもせず、うみんちゅ~って感じの風貌。

2回目の作業が終わってからの船の上での休憩中に船長さんが教えてくれました。


「フードはかぶったほうがいい。網上げる作業は、虫が耳に入ってきたら大変よ。陸の虫は耳に入ってもなんとかなるけど、海の虫はどうにもならんよ~。」

ってかんじの島言葉で言われました。



「へえぇぇぇぇ~~!!!」

感銘を受けた瞬間でもありました。

ただただ、寒いだけじゃなく、こんな意味もあったとは。

知らなかった~。すごい。勉強になりました!

さすが、その道のプロは違いますね。

何気ないことでも、職種が変われば、とんでもないようなこと。

フードは、寒さ対策のほかに、頭をぶつけたりとかの衝撃、なんかは想像つきますが、

虫対策なんてことは想像もつきませんでした...。

たしかに、放置網には、たくさんの砂埃とたくさんの微生物、カニ、エビの幼虫、魚の幼魚がいっぱいついてましたからね。

勉強になりました。ありがとう船長さん。

by 3回目からはりきってフードかぶった。虫入んなくてよかた~。hide花笠

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 放置網撤去作業。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ie-island.com/mt/mt-tb.cgi/251

コメントする