やちむん

| | コメント(0) | トラックバック(0)
所要で那覇に行った帰り、
本島中部の読谷(よみたん)村にある、「やちむんの里」に行ってきました。
「やちむん」とは、焼き物のことです。
s-IMAG0511.jpg
陶芸家が集まって、それぞれ工房や売店を展開しています。
お店の前に、いろんなシーサーがいました。

s-IMAG0514.jpg
このカエルみたいなシーサー、なんとも言えない味が出てて良いですね~。

s-IMAG0539.jpg
瓦でできたシーサーも、色が奇抜で面白いですね~。

s-IMAG0557.jpg
一見、溶けかけの雪像のようですが・・・
まだまだ暑い沖縄に雪像があるわけない(^^;)

s-IMAG0575.jpg
ほらほら、セミがシュワシュワ、ミンミン大合唱。
ここのセミは、一年中、合唱コンクールをしているそうです。
このブルーのラインが入ったセミは、初めて見ました。

s-IMAG0577.jpg
陶器を焼く窯です。
こんなに大きいと、どこに何を入れたかわからなくなりますね~。

趣味で、陶芸をやっていましたが、
釜から作品を出すときが一番楽しかったです。

「これ誰の?」、「何だこれ?」っていうくらい、
色も大きさも予定と違うものができているから(^^)

s-IMAG0545.jpg
いくつか喫茶店もありました。
お店の名前を忘れてしまいましたが、『ぜんざいセット』、おいしかったです。

s-IMAG0548.jpg
ぜんざいセットにのっていた、小さな花瓶。
赤いバラと黄色い西洋タンポポの組み合わせも、
落ち着いて見えます。

何百もある作品の中から、
プルメリアが似合う陶器を探して、買ってきました。

・・・うっかり写真を撮ってなかったので、また明日(^^;)

                            by  aki
















トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: やちむん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ie-island.com/mt/mt-tb.cgi/200

コメントする