『海で一番危険な生物』

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今日はNさん、Mさんと一緒にダイビング。
1日で島の南側・西側・北側を代表するポイントを探検してしまいました。

s-P8011428.jpg
1本目は南のパッチリーフ。
何だと思いますか?
よ~くご覧下さい。

s-P8011430.jpg
サンゴと岩の間にオニダルマオコゼがスッポリはまってます。
手持ちの図鑑によると、「海で一番危険な生物」と書かれています。
誰がどうやって順番を決めたのかはわかりませんが、
刺されて死亡した例もあるそうです。
しかも図鑑の写真が伊江島で撮影されています!

ヒデに指をさされても、その存在を理解するのに約1分・・・(^^;)
ダイバーの皆さん、
どこに「海で一番危険な生物」が隠れているかわからないので、
浮力コントロールで自分の身を守りましょう。

s-P8011432.jpg
こちらの優雅なハナミノカサゴさんも、毒をもっています。
普段はゆったり泳いでいますが、
危険を感じると動きが素早くなるとか。
・・・あんまり想像できませんが、触らぬ神に祟りなしデス。

s-P8011436.jpg
2本目は西のWアーチ。
シンデレラさん、今日もキレイです。

s-P8011449.jpg
グランブルーの世界を悠々と・・・

s-P8011447.jpg
ちっちゃい椰子の木?たくさん生えてます。
島に引っ越ししてから、カメラにつけるマクロレンズが行方不明で、
拡大して撮影できないのが残念です。
たぶん実家に送っちゃったんだろうな~(^^;)

s-P8011450.jpg
お、急な坂道を駆け登っている人がいます。
ファイト~(^^)

お腹がすいたところで、船上ランチ。
ダイバーなりたての頃は、しょっちゅう船酔いで吐いていましたが、
今では波にゆられながら読書もできるようになりました。
人間の適応能力はすごいですね~。

s-P8011478.jpg
お昼寝のあとは、北の伊江島キャニオンへ。
複雑な地形の間を探検するのは楽しいです。

s-P8011446.jpg
キャニオンの崖には、このような看板!?(サンゴ等)がたくさん出ています。
水中では一見すべて青or黒or白に見えますが、
ライトを当てるときれいに発色します。


           ※※※※※ おまけ ※※※※※

s-P8011410.jpg
ペンションに宿泊されていたIさんご夫婦と、
朝食後に記念撮影(^^)
今日は天気が良かったので、
タッチューからの景色は最高だったことでしょう。

またお会いする日まで、お元気で!
(筋肉痛に負けないで・・・)
                                       by aki

                        







































トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『海で一番危険な生物』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ie-island.com/mt/mt-tb.cgi/138

コメントする